IT関連企業で従業員を募集している広告を見たことはあるだろうか。
IT企業といえば、専門的な知識が必要で、専門学校や大学を出ていなくては働くことができないというイメージもある。

しかし、実際の求人広告を見るとどうだろう。
どれも「未経験者大歓迎」と書かれている求人が多く目立つ。

実際、働くに当たり、未経験者であっても仕事ができるのであろうか。

そこで、企業が力を入れるのは、未経験者でも安心して働ける研修制度だ。
未経験者を経験者と同様の知識や仕事ができるように研修制度には特に力を入れている企業も多い。

実際、研修だけで半年時間を取られてしまう企業も存在する。
しかしながら、その研修を乗り越えれば「経験者」とまではいかないが
経験者に近づくことは可能であり、通常業務を行うに当たり、基本は身についており
成長も見込めるのだ。

なお、研修の中にはOJTといってベテランの人とマンツーマンで教えてもらえる期間があることも多い。

こうやって研修を受けて、会社の為に貢献をしていき、いずれは研修担当となり
自分が未経験の時に教えてもらったことを新たな未経験者へ教えていく。

企業を支えているのは未経験から入社してくる従業員なのかもしれない。

未経験は余計な知識がなく、新しい物を覚えられる人材であると思います。
そして、新しいことにチャレンジしていこうとする向上心は
会社を支えていき、発展するための動力源となるに違いない。’

IT企業での研修

Updated on 2014-10-08T16:19:29+00:00, by hirai.