転職という大きな節目を迎えることが多い春。どの会社に行こうかとあらかじめ下調べをした上で転職することは当然ですがIT業界に転職するというときにはどのような労働条件のほうが良いのでしょうか。簡単に考えてみましょう。

ま ず、IT業界というのは現代の「3K」ということを忘れてはなりません。昔ほどひどくはなくなりましたが今でも低賃金で長時間社員を雇いうという企業が多 いことが事実です。ですが、そうしたほんとうの姿を求人広告では告知していないという企業も多くあります。そうした企業を避けるためにはインターネットで その会社のことを調べてみることをおすすめします。もちろんインターネットの情報というのは常に正しい訳ではありません。ですがその会社のある程度の傾向 というものを確認することができます。ですから、ひとつの企業を深く調べるだけではなくたくさんの企業を幅広く浅く調べておくことが良いでしょう。そうす ることによって自分の中にひとつの基準が生まれ実際に求人広告を見たときにこの企業は大丈夫かどうかを確認することができます。

昔はひとつ の企業を調べるためには会社四季報や人づてのあまり正確ではない情報を手に入れるぐらいしかできませんでした。ですが、インターネットの登場によって調べ やすい環境が整備されています。みなさんもIT業界の転職を考えたときにはインターネットを始めとした情報媒体を介して調べることをおすすめします。転職 した後で公開してしまっては元も子もありませんから。’

IT業界へ転職するときには

Updated on 2014-10-08T16:18:42+00:00, by hirai.